看護師は幅広いワークスタイルが魅力

デイサービスの看護師として働く

入院をする必要はないという人の中にも、リハビリなどの関係でデイサービスを利用する患者さんが増えてきています。 健康状態が非常に悪い人が利用することはないため、デイサービスで働く場合、病院である程度の経験がある看護師ならば無理なく働くことができるはずです。
看護師も派遣から正規雇用になることはある!?

デイサービスで働く場合の主な業務内容といえば、軟膏や点眼、服薬の管理、体調管理、血糖測定などの業務です。 業務内容自体は難しいものではないものの、デイサービスでの仕事はハードだと言われることがあります。

その大きな理由として挙げられるのが、人手が足りていないデイサービス施設が多いということです。 看護師が不足している施設が多いため、一人あたりの担当する業務が多くなってしまうのです。 それから、デイサービスを選択した看護師の中には、仕事にやりがいを見出すことができずに転職をしてしまう人もいるようです。

もちろん、デイサービスを利用している方からは必要とされる仕事なのですが、デイサービスで行う点眼や軟膏などの仕事は、看護師資格がなければできないという仕事ではありませんよね。

そのため、看護師として働いている自覚が持てず、やりがいが見出せないという人もいるのです。 これは、どこに対してやりがいを感じるかということも関係しているでしょう。

デイサービスといえば、様々なレクリエーションも行う施設です。 レクリエーションを考えたり、利用者の方と楽しみながら過ごせる時間に対してやりがいを感じている人もたくさんいます。 確かに看護師ではなくてもできる仕事が多いですが、看護師であるからこそ安心して任せられるという利用者の方も多いのです。

ただ、一口にデイサービス施設といっても、施設によって傾向や業務内容には大きな違いがあります。 自分に合った施設を選ぶことも、楽しみながら働くために欠かせないことだと言えるでしょう。

デイサービスでは看護師として働いている自覚が持てないという場合は、デイケアを選択するのもいいですね。


大学病院の看護師として働く

看護師として働く人の中には、総合病院で働くのと大学病院で働くのとではどちらのほうが条件がいいのかと疑問に思っている人もいるようです。 どちらのほうが忙しいかというと、これは一概には言えません。 というのも、担当する業務内容に違いがあるからです。

総合病院が点滴確保などの診療補助を中心に行うのに対し、大学病院では状態管理などを中心に行います。 大学病院には難病の方も多いため、精神的支援を行ったりと精神的なストレスを多く感じてしまう人もいるようです。 もちろん、総合病院のほうが仕事が楽だというわけではありません。

それから、休暇についても、どちらのほうが取りやすいと判断することはできません。 これは、各病院が定めているルールによって異なってきます。 看護師として技術を向上させたいと思っているのであれば、大学病院ではなく総合病院を選択したほうがいいでしょう。

というのも、総合病院のほうが看護師が担当する仕事が多いからです。 大学病院に長く勤めていてそれなりの勤務年数がある人でも、総合病院に行くと全く担当したことがない業務に焦ってしまう人もいます。

大学病院で働きたいと思った場合、看護師資格以外に特別な資格は必要ありません。 ただ、各大学病院が求めている人材や、希望する能力は大学病院によって異なるので、自分に合ったところに応募をすることが大切です。

それと、周りと協力しながら仕事をしていくことが多いため、周りとうまくやっていけるかどうかという点も面接ではチェックされるようです。 大学病院は確かに魅力がたくさんありますが、責任を持ってしっかり仕事ができる人でなければ勤めることができません。

それに、魅力的な求人情報はなかなか表に出てこないという特徴があるため、自分が気になる仕事を見つけるだけでも苦労するかもしれません。 条件の良い大学病院で働きたいと思っているのであれば、転職支援サイトを活用して仕事探しをしてみてはどうでしょうか。